スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    クレネリZERO FACTORY『こんなにも』を観劇
    0
      今日のマチネに、友達の清水直子さんが出演する
      舞台を観劇してきました。

      とっても面白かったです。

      クレネリ ZERO FACTORY『こんなにも』@下北沢シアター711


      ま、暗いっちゃ暗い物語です。
      どちらか、というと・・・浮かばれない話です。

      主人公は、ケイイチさん。
      職業はメイクアップアーティスト。幼い時に施設に預けられ、そこでお世話になった先生にその後も面倒を見てもらいつつメイクの道に進み、現在は自立。

      姉のミオさん。母親と義父と共に暮らすも、微妙な家族関係の中で、バランスを取りながら生きつつも、精神が先に弱って入退院を繰り返す。

      朱恵さん。元施設の担当の先生。
      ケイイチくんを大切に思うあまり、どんどん深みにはまって、極端な行動に走りつづける人。

      ケイイチくんと仲良い、芸能人の多田さん。
      ケイイチくんの、メイクの師匠、聖子さん。
      朱恵さんの旦那さん、レイモン氏。

      劇中では、ダークな内容が話されてるんだけど、登場人物が話す言葉は、どこか乾いている。

      パッサパサ。。
      まさに、今の時期みたい。

      顔も歪めず、平然と。
      パッサパサ。。

      こんな辛い嫌なことなのに、もう何回も何十回も辛くて、泣いて、叫んだから、
      ここで泣くわけないじゃん、みたいに、サラサラと言葉が出てくる。

      でも、パッサパサのずーっと底に、
      浮かばれない自分がいるんだよねぇ、どっか。

      吹っ切れてサラサラ話してるようで、
      吹っ切れてないよ。。。納得させてるようで、納得してる?本当の自分は?

      言っても、叫んでも、訴えても無駄だって、諦めてるのかな?
      生き延びるためには、諦めるしかなかったのかな?

      この話は、浮かばれない。
      おそらく現実でも、どこかで重なるような・・・悲しい物語。

      友達のなおちゃんの役柄は、元施設の先生の、朱恵さん。
      朱恵さんは、本当にケイイチくんのこと、好きだったんだなぁって感じた。
      かなり歪んでるけど、ね(苦笑)

      朱恵さん、ケイイチくんにちゃんと好きで大切に想ってるって、伝えた?
      絶対伝えたほうがいいと思った。実らないかもしれないけど、それでも
      本当に本当に大切に想ってるって。
      そしたら、そんなにケイイチくんのために意地にならなくても良かったかもしれない、
      もしかしたら、ね♪

      私は観おわった後、どうしたら、あの弟や姉は、浮かばれることができたんだろうと思った。
      浮かばれてほしかったなぁ。。

      まだお席、余裕あるみたいです。
      是非、ご都合良ければ、、観に行ってほしいです♪

      【終演後のなおちゃん(左)と私】





      カテゴリ:観劇 | 19:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      << | 2/2PAGES |

      出会い