<< 私と演劇 4 『目立たない私、目立ちたくない私』 | main | KAKUTA「 TurningPoint 【分岐点】」@下北沢・スズナリ >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    私と演劇 5 演劇って何だ・・・
    0
       演劇からのゼロからのスタートを切った私。

      ま、今までの演劇の関わり方が、マイナス状態だったんで
      少しは楽に演劇と向き合えるようになったものの、知り合いの劇団に客演しても
      どこか最後のところで、作品や役柄、はたまた演技の正解を求めようとしてしまって、苦しく辛くなることが多かったなぁ。

      もともと、純粋に演劇の凄さとか楽しさは知っているので、辞めようとは、なかなか思えなかったけど、
      こんなに頑張ってるのに、なんで演じてて苦しいんだろうって、思うことがしばしば。

      バイトとはバイト。演劇は演劇。。。と、日常を分けて暮らす生き方も、どうにもこうにも窮屈に感じてて。
      先の見えない将来も考えると、年齢を重ねるごとに指折り数えて、いったい何年経てば、バイトしないで稼げるようになるのかなぁって考え出したら、八方塞がりで嫌な気分になる時も、しばしば(苦笑)

      それりゃそうだよねぇ♪

      演じることで稼ぐために、俳優事務所に入ったこともあったけど、何というか。。。業界に馴染めず、スケジュールの拘束感だけが強かったので、こちらも辛くなって、辞めました。

      あとは、人気上昇の劇団の、ワークショップや出演者オーディションも、そこそこには受けて、そこそこには動けましたが、結局惜しいところで落ちてしまい、合格には至らず。
      ま、本当に、そこの作風が好きかどうかはさて置いて、早く役者として名を上げたかったのかなぁ。

      頭では。。。

      でも身体はちっとも、そっち方向には動かずじまい(爆)

      そのままバイトで生計を立てつつ、細々と気の合った仲間たちと定期的に舞台に立っておりました。
      東京では、それでも演劇ができる環境が凄いよねぇ、ホント。
      田舎じゃこうは行きませんわ。
      演劇は続けているものの、ずーっと彷徨ってました。
      早く演劇する正解に辿り着きたいと思ってました。

      芝居を始めたころの、ドキドキ、ワクワクする、鳥肌の立つような感覚を取り戻したい
      と思ってました。

      どうすればいいんだろ
      どう考えたらうまく行くんだろ
      どう動けば結果に繋がるんだろ

      多分、どれもこれも、的外れでした(笑)

      どこを探してたって、
      私は自分の気持ちってところで、演劇と接してなかったから。

      こんなに真剣に演劇について考えてるのに、なぜ苦しんだろって・・・
      それしか頭に浮かんで来なかったから。
      自分の気持ちって、こうやって今悩んでることそのものが
      私の気持ちでしょ???っって?


      今は、その違いをはっきり説明できます。

      あの時は、何はともあれ演劇が人生の中で一番だと言い切れてたけど、
      今は、自分の気持ちが一番だって。

      限りなく、今はそう思える。
      そのための、演劇であり、表現であると言い切れます。

      (続く)

      カテゴリ:【私と演劇】 | 16:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        カテゴリ:- | 16:04 | - | - | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://neetapoo.jugem.jp/trackback/38
        トラックバック

        出会い