<< 私と演劇 3 『特別になりたかった私』弐の巻 | main | 2012年02月19日のつぶやき >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    IDIOT SAVANT「佯狂のあとで」@上永谷:貞昌院を観劇
    0
       
      IDIOT SAVANT「佯狂のあとで」@上永谷:貞昌院
      2012.2.15(水)〜19(日)
      以前、客演したことのある、劇団イデオサバン(※1)の公演「佯狂のあとで」(※2)を観劇ました。

      チラシから想像して頂けると分かると思いますが、普通のストレートプレイの芝居ではありません(苦笑)まずは観に来て頂ければ一番、肌で理解してもらえるんじゃないか、と。

      そもそもここの作品は、娯楽やエンターテイメント寄りの作品というよりは、アートや哲学に近い作品で、観劇してすぐに演出の意図が分かるような作品ではないです、ぶっちゃけ。
      見ながら考えて・・・見終わってからも考えて・・・翌日普通の生活に戻ってからも考える・・・ような作品です。

      芝居を観て楽しみたい、芝居を観て何か希望や着地点を見出したいようなお客さにとっては、とても居心地が悪くなるでしょう。だって、今までフツーに問題なく生きてきてるのに、どんどん足元がすくわれるような感覚に襲われるから。。。

      今回は3.11の大震災を主なテーマとして作られてありました。
      昨年、そして今年これから先もずっと日本人として、向き合い続けることになるであろう。。。3.11
      たまたま、この時代に生存して、たまたま演劇を生業として、一表現者として避けて通れないであろう題材を直球勝負で挑めたのは、この劇団だからこそだと思う。

      迫ってくる津波を、呆然と眺め続けるしかない人たち
      病院にいる年老いた母親を助けられずにいる娘
      震災で行方不明になった子供や夫を捜し回る人たち・・・

      そこには、たくさんの悲しみや怒り
      やり場のない、どうしようもない傷ついた心
      だから叫ぶ、泣く、吼える

      なのに何事もなかったような、静寂すら感じる
      無音の慟哭。

      そして3.11の視点から、
      今度は、この時代に生きる私たちへの問題提起は
      夢も希望もないところで語られながらも、
      どうしようもなく人間の孤独さと悲しさ、そして優しささえ漂っていた気がする。

      ブリッジで映像と音が流れるが、被災地の、瓦礫と化した風景の中で、蟻の行列のごとく黒服の演者たちの無機質なパフォーマンスは、まさに心象風景である。

      それでもラストでは「生きろ。生きろ。」と私ら観客に向かって
      猛然と挑発する点は、やっぱりこの劇団らしくて好きです。

      「どうやって生きればいいの?」
      って、多分大多数の人達が心のどこかで感じているね。

      もちろん、それも旅の途中。

      どうやってってすぐに言葉で片付けられるほど
      生きるって易くはないよね。
      【貞昌院の、ろうそくのイルミネーション】

      【解説用語】
      ※1 イディオサバン(idiot savant)・・・仏語。「利口な馬鹿(idiot savant)」。フランスの精神医 学で過去に用いられていた症状名で。全体としての知能の発達は遅れているのに、ある特定の面での才能が際立って優れている人。現在「サヴァン症候群」と改められる。
      ※2 佯狂・・・狂人のふりをすること。

      JUGEMテーマ:演劇・舞台

      カテゴリ:観劇 | 17:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        カテゴリ:- | 17:54 | - | - | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://neetapoo.jugem.jp/trackback/33
        トラックバック

        出会い